納品(医薬品の受け取りから棚入れまで)

発注をかけたあとは、卸のスタッフが医薬品を届けにきてくれる。

 

医薬品の受け取りから、棚にしまうまでの一連の業務を、薬局では慣例で「納品(のうひん)」と呼ぶことが多い。ちなみに「納品」という言葉は厳密には、卸から薬局へ医薬品の受け渡しをする瞬間だけのことを指す。しかしたとえば「仕入れ」と言ってしまうと、上記に加えて発注業務のことも含めて指すこともあるし、ちょうどあてはまる言葉は無いと思う。


納品の時は「検品」と言って、発注した内容と実際届けられた内容が合っているか、卸のスタッフと薬局のスタッフが一緒に確認する。伝票と医薬品が合っているか納品忘れが無いか数が合っているか、確認する。同時に、配送先がきちんと自分の薬局の名前になっているかも確認しよう。たまに違う薬局の薬が誤って持ってこられてしまうこともあるので。オーケーなら受領印を押す。薬局と卸の取り決めによっては検品が一部省略されることもある。

 

ところで、通常の納品では現金の受け渡しはない。月ごとにまとめて銀行振り込みでお金のやりとりをするのが普通。

 

納品が済んだら、医薬品を所定の棚にしまう(入庫、棚入れ)。棚入れを間違うと調剤ミスの原因になるので、入れ間違いのないようにする。名称、剤形、規格、メーカーを確認した上で棚入れしよう。また、例えば漢方薬なら、パッケージの色だけでなく、しっかり番号まで確認して棚入れしよう。間違えて棚入れしてしまうと、調剤ミスの可能性が格段に高まる。

 

160403b1

写真:医療用ツムラ漢方薬の小包装。番号と薬の名前以外の違いだけでパッケージは全く同じ。

 

 

160405a

写真:名称が「ザ」で始まる薬だが、パッケージはほとんど同じ。ヒートである程度識別はできるのだが。

 

160405b

160405c

写真:ヒヤリ・ハット事例集の重鎮、ミカムロAP、ミカムロBP、ミコンビAP、ミコンビBP。配合錠にばかり気をとられていると、実はミカルディスもほぼ同じデザイン。正直、写真を撮ったあと箱に戻すのが怖かったです。

 

同じメーカーの薬はだいたい似たような箱デザインが多い。これ以外でも、例えば同じ成分の薬は、デザインが似通っている。名称、剤形、規格、メーカーを確認した上で棚入れしよう。

 

また棚入れの際は「先入れ先出し」と言って、使用期限の近いものから順に手前になるように棚入れする。

 

160403a1

写真:先入れ先出しの一例。右利きの人はたいてい①→④の順に箱を開けていく。使用期限の短いものから開いていくように棚入れすればOK。

 

棚入れの際は、箱を無理につぶしたり、落として へこませないようにする。箱に傷がついたり、開封してしまうと返品の対象外になる。同じ理由で、特に用事もないのに未開封の箱を開けるのは避ける。前いた病院薬剤部では○○万円の医薬品が返品不能になったことがある…。

 

Share Button
オサ
著者:オーサーと申します。  大学病院の薬剤師、薬学部の職員を経て、今は北海道の薬局で管理者をしています。今度第二子が産まれます。  分かりやすい文章を第一に考え、ここでは小説のような、極力平易な文章で書くことにしました。  また文中では、我々が在庫管理を使用する場所のことを「現場」と書きます。基本的には「現場」=「採用品目数1000品目以下の調剤薬局」のことを想定して書いていますが、「病棟」「病院の薬剤科」などに置き換えてもある程度読めるよう、配慮して書きます。

コメントを残す