在庫管理は大切な業務

私たち医療従事者は、もっと在庫管理の重要性を認識しなければいけないと思う。

ここで言う在庫管理とは、薬局や病院などで、医薬品をどれくらい買うか、買った医薬品をどのように品質管理していくのか、のことだ。

私が病院、そして薬局に新人薬剤師として就職したとき、とにかく在庫管理を覚えるのが大変だった。欠品を出しては周囲のスタッフから怒られてばかりだった。

在庫管理は薬学部のカリキュラムにも無かった。物流の本を読んで勉強しても、それがそのまま医療現場に応用できるわけもない。上司にやり方を聞いても「在庫はセンスだから」「出来て当然」との返答で、満足な答えは返ってこない。実習中の学生さんに在庫管理を体験して貰っても、食いつきは悪かった。

しかし当然、そんな甘い考えで在庫管理をしてよいはずがない。「硝酸薬を患者さんにお渡ししたが、使用期限が切れていた」「エピネフリン注が必要になったが、在庫を切らしていた」万が一こんなことがあれば、患者さんの命に関わりかねない。
そして在庫管理は薬局や病院の経営に影響を与える。医薬品の買い過ぎは経営を圧迫する。経営の悪化は医療サービスに悪影響を及ぼし、私たちの給料だって減る。

在庫管理は立派な「業務」だ。治療と経営を同時にマネジメントするという、医療従事者にとって最も重要な業務のひとつなのだ。自衛隊の薬剤師は医療物資を戦地の最前線に届けるため、パラシュート降下の訓練をしている。

私はその後、周囲にご迷惑をおかけしながらも、在庫管理のノウハウをある程度学ぶことができた。

在庫管理は重要な業務だが、頭をかかえることは無い。在庫管理にはノウハウがあり、方法論がある。必要なことだけを何となく知ってさえいれば、最低限の日常業務はこなせる。

とにかく、在庫管理のノウハウを体系化することが必要だ。そして、皆でノウハウを共有できたなら、すべての現場で在庫管理が上手く行き、薬に関わる人全員が幸せになる。

皆で幸せになったら良い。それが私の願いだ。

Share Button
オサ
著者:オーサーと申します。  大学病院の薬剤師、薬学部の職員を経て、今は北海道の薬局で管理者をしています。今度第二子が産まれます。  分かりやすい文章を第一に考え、ここでは小説のような、極力平易な文章で書くことにしました。  また文中では、我々が在庫管理を使用する場所のことを「現場」と書きます。基本的には「現場」=「採用品目数1000品目以下の調剤薬局」のことを想定して書いていますが、「病棟」「病院の薬剤科」などに置き換えてもある程度読めるよう、配慮して書きます。

コメントを残す